こんな物忘れ、ありませんか?

TVを観ていて「あれ?あの人なんていう名前だったかしら...」冷蔵庫の前まで来て「あれ?何を取りに来たのかしら…」こんな経験、ありませんか。こういう物忘れって、誰もが1度は経験した事があると思います。それは、脳が衰えてきている証拠です。その老化現象の1つで現れてくるのが、物忘れだそうです。ちょっとガッカリな寂しい感じもしますが、老化をたどる上では仕方のない事のようです。脳の老化が始まっていくのは、なんと20代からだそうです。この頃は物忘れこそは少ないですが、判断力や適応力が低くなっていくそうです。脳の老化を止める事はさすがに難しいですが、いくつかのケアで脳の老化のスピードを落とす事が出来ます。忘れっぽいのが当たり前の自分とは、さようならしませんか。

物忘れケア ① 積極的に料理をしよう

1から料理をする時は、手順を効率的に行おうと頭が働くので、頭の中がグルグルと回るようになります。その為、脳が活性化されます。年齢を増していくと、お料理が億劫になっていく方も居ると思います。しかし、年齢を増したからこそ、お料理を積極的に作るようにしましょう。いつも作っている定番のお料理だけじゃなく、レシピを見て新しい料理にチャレンジしたりなど、脳を活性化させて新しい事に挑戦していくのも、とても良い方法と言えます。作った事の無いレシピをして、それを食べる事によって新しい味覚が働くので、更に脳が活性化されます。

物忘れケア ② 落語を聞いて脳を活性化

落語は耳で聴いて楽しむ嗜好なので、話の内容を自分で想像する事が出来ます。想像力が豊かになるので、脳の活性化に非常に役立つと言われています。実際に観に行ったり、DVD等のメディアで観るのも良いですが、手っ取り早いのが落語のCDやカセットを聴く事です。店頭で手軽に手に入れる事が出来ますし、なんと言っても耳で聴く事が出来るのが大きな利点です。昼間、自分のプライベートの時間に、ゆっくりと聴いてみると良いですよ。

物忘れケア ③ DHAで脳を活性化

DHAが神経細胞に沢山あると、神経伝達物質の生産量を高める事が出来ます。脳の情報伝達がスムーズになっていくので、脳が活性化されます。更に、脳の細胞を高める栄養素を増やす働きを担っており、脳に良い作用を沢山になっている成分と言えます。老化へと導く活性酸素を減らす力もあるので、頭だけじゃなく体全体を老化から遠ざけてくれます。青魚を毎日食べる事が、1番の理想です。特に青魚の脂分にタップリ含まれているので、煮込んでしまった場合は煮汁ごと全てたいらげるようにしましょう。DHAはサプリメントもありますので、サプリメントでも補うとDHA効果を満載に発揮させる事が出来ます。

物忘れケア ④ 亜鉛で物忘れ防止

物忘れになってしまう原因と1つに、海馬の衰えが挙げられます。海馬とは、短期間の記憶を行ってくれる、重要な脳のパーツです。粉の海馬には、高い濃度の亜鉛が含まれています。亜鉛を摂取する事え、海馬を活性化させる事が出来ます。特に日本人は、亜鉛不足だそうです。積極的に亜鉛を摂取して、海馬を蘇らせましょう。亜鉛と言えば、有名なのが牡蠣です。その他には、レバーやココア等に多く含まれていると言われています。この中ではココアが1番摂取しやすいと思うので、毎日摂取するようにすると良いでしょう。ココアは、1日400mlで必要亜鉛量が摂取出来るので、カップ2杯分です。簡単に亜鉛を摂取したい方には、サプリメントがオススメです。亜鉛のサプリメントは、他の種類のサプリメントより断然安価なので、お求めやすいのもオススメしたい部分の1つです。タブレット方ですと味が飲み辛い場合がありますので、カプセル型の方をオススメします。

物忘れケア ⑤ 利き手の逆の手を積極的に使おう

大半の方は、左右どちらかの手しか利き手として使わないと思います。普段と違う事をする事で脳を活性化させるという意味合いから、利き手と逆の手を利き手として使うクセを付けてみましょう。いきなり利き手じゃ無い手で利き手と同じ使い方をするのは難しいので、まずは携帯電話の使い方を利き手じゃ無い手で使ってみるようにしてみましょう。慣れたら、スプーンやフォークを利き手じゃ無い手で使ってみましょう。シャンプーなどを効き手と逆の手でしてみても良いかもしれません。30代主婦にオススメする化粧品もどうぞ。最終的に、利き手じゃ無い方でお箸を使えるようになると、脳がかなり活性化されますよ